膝、関節の痛み

   

長野市の皆様このようなお悩みはありませんか?

膝、関節の痛み

  • 膝が痛くて階段を上るのが辛い
  • 長時間の立ち仕事や歩くのが億劫だ
  • 股関節が痛いので、ストレッチなどができない
  • すぐに膝に水が溜まる
  • 注射や痛み止めに頼りたくない

膝はどうして痛くなるの?

膝が痛くて正座できない膝関節は、座る・立つ・歩くなどの動作で絶えず体重を支えています。そんな膝の動きを支えているのが膝関節です。膝に痛みが出ると日常生活に支障が出てきます。膝関節は、脛と腿の2本の骨を連結する重要な役割があります。様々な動作の際に体重を支えることで、膝関節には大きな負担がかかります。骨盤や股関節の歪みが生じ、その歪みが膝にまで影響を及ぼし、関節部分に摩擦を引き起こします。その摩擦が原因で膝の腫れや痛みが出たり、水が溜まる場合もあります。

スポーツなどで痛めた関節の場合は、関節が外れかけたりしている場合も多く、施術後すぐに回復することも多々ありますが、加齢とともに増えてくる変形性の膝関節症になると、放置したまま時間が経っている例が多く、皆さま痛みが進行している状態でお越しいただくことが多いです。

膝に痛みがあると、立ったり座ったりといった日常生活が大変不便なものになってしまい、生活自体の質も低下する恐れがあります。

股関節の痛みとは

カウンセリング風景股関節は、上半身の重さや動作の衝撃を受けたり、歩行時の地面からの衝撃も受け止める役割があります。歩いているとだんだんと痛みが増してくるのは、地面からの衝撃を受け止めきれなくなっているためです。

痛みが生じる経緯としては、関節部分のクッション的役割をしている軟骨部分が何らかの原因で傷つき、それによって股関節にズレや歪みが発生し、太ももや骨盤周囲の筋肉が収縮し神経を圧迫して痛みが出ます。

股関節の痛みを放置していると、痛みが増してきたり、悪い場合は石灰化が始まり歩くことさえ難しい生活になってしまいます。

膝、股関節の痛み 施術法

膝痛施術風景当整体では、膝や股関節に痛みがあったり、水が溜まっている状態のお客様にも多数お越しいただいております。これは、痛みそのものを改善するための根本施術ができるからです。

特に女性は生まれつき骨盤の形が男性と違い、先天的に股関節が脱臼して生まれてきたり、出産を経て骨盤が歪んだままの状態で長年過ごしてきたりと、痛みを訴えるお客様は比較的女性が多いように思います。
膝や股関節の痛みを取り除くためには、腰の骨の歪みやズレを正しい位置に戻し、必要以上に関節部分に負担がかからないようにする施術が重要になります。当整体院では、股関節の施術方法だけでも10通り近くあり、その方に合わせた最適な方法で痛みを改善していきます。

歪みや反りを徹底改善