腰の痛み

   

長野市の皆様このようなお悩みはありませんか?

腰の痛み

  • レントゲンでは異常なしと言われた
  • マッサージや鍼では改善できなかった
  • 腰の痛みを根本からどうにかしたい
  • 年齢のせいだと諦めている
  • 湿布や痛み止めに頼りたくない

なぜ腰の痛みは発生するの?

腰の痛みは様々な原因で発生するので、その原因を突き止めることが、根本回復の重要なポイントとなります。

反り腰、すべり症、脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)の方

脊柱管が狭窄している方は、その中を通っている神経も圧迫されたり変形することが原因で腰の痛みが発生します。生まれつきの方もいれば、ヘルニアや手術によって誘発される場合もあり、痛みの出方も人それぞれです。最初は足全体が重だるく感じ、歩いていると徐々に痛みやしびれが増してくるので、その神経の痛みをかばうために「反り腰」や「前かがみ」の姿勢をとり、楽な姿勢になろうとします。
年齢が上がってくると少しずつ前かがみになり、杖をつき始めたりカートを押して歩く途中に腰を反らせるのはこのためです。

しかしながら「そり腰」や「前かがみ」の姿勢では、腰痛の根本的な改善にはつながりません。

内臓や骨盤・関節の問題

腰から背中の前面には、たくさんの臓器が収まっており、この臓器の血流や働きが悪くなることで、腰に痛みを感じる方もいらっしゃいます。
血流が悪くなるのは、臓器の位置が正しい位置より下がっている場合が多いです。これは、骨盤が正常な状態よりも開いてしまったり歪んでしまい、臓器が下がってくるためです。

また、腰の両サイドにある仙腸関節が完全に動かなくなることで発生する痛みもあります。元々仙腸関節は動きが少ない部位ではありますが、この関節の可動域が全く動かなくなると、痛みが出るということが分かっています。

インナーマッスルの癒着や硬化

腰の前面や下腹部にある「腸腰筋」というインナーマッスルが緊張したり、動きが悪くなって痛みが出る場合もあります。筋肉(インナーマッスル)が硬くなると、腰を伸ばしたり曲げたりする際に痛みが起こります。

また、背中から腰にかけて背柱起立筋という大きな筋肉があり、座りっぱなしのお仕事や運転を長い時間する方に多く痛みが発生します。この筋肉が痛みで強張り、猫背になったり姿勢が悪くなる悪循環につながります。

腰の痛みを根本回復します

腰の痛みを放っておくと…

腰痛施術風景痛みを避けて運動や外出を控えたりすると、足全体の筋肉が痩せてしまい歩くことが困難になってしまいます。また、脊柱管が狭窄している場合は、進行すれば安静時にも痛みが出たり、尿漏れや神経の更なる痛みに発展することも。
最終的には手術を勧められる場合も多いですが、痛みが強くなってしまうと、手術で改善するのが難しい場合もあります。

早い段階で原因を特定し、その原因に合わせた施術をすることで腰の痛みにストップをかけましょう。

腰の痛み 整体

腰の痛み整体施術風景「腰痛」と一言でいっても程度は千差万別で、その方の腰の痛みの原因を特定し、現在の状況と照らし合わせてオーダーメイドの施術を行っていきます。
骨格や骨の問題がある場合は、整体できっちりと正常な状態に戻します。仙腸関節の動きが悪い場合は、関節の遊びを調整します。この遊びを調整することは非常に難しく、施術できる者も少ないです。しかし、施術の効果は非常に高く、施術に伴う痛みもほとんどないので、幅広い年齢層の方に受けていただけます。

内臓や筋肉に問題がある場合は、特殊なテクニックが必要です。一度の施術で腰の痛みが改善しても、内臓の状態が悪いと再度痛みを引き起こす場合もあるので、最初の段階の原因特定が重要になってきます。

腰痛でお悩みの方は、まず当院までお気軽にご相談ください。